独学英語学習者bouzuのブログ~独学で英語を極めたい~雑談も交えながら

元々英語学習のために作ったブログですが、これからは時事ネタについても書いていきます(笑)

本日までの勉強時間は620時間

いや~study plusの不具合でしょうか

アカウントが消えてしまいまして(笑)

ツイッターでログインとか色々曖昧なことやってたのでログインできなくなったかもですが。。

 

もう一回一から学習時間は詰みなおしです、study plus上は(笑)

 

と、いうわけで今日までにどれくらいやってたかをこちらでメモしておこうというわけで、ブログを書いております

「今日までは620時間」です大体

正直、今税理と簿記の勉強で英語学習どころじゃないんですが(笑)

今後も細々と700時間、800時間と目指していきます*1ヶラヶラ

*1:´∀`*

情熱大陸 老舗洋食店 坂本晶一・坂本良太郎

坂本兄弟が経営するのは、浅草で祖父の代から続く老舗洋食店、グリル・グランド

大手商社で勤めた経験のある兄・晶一さんが経営・接客を担当し、有名ホテル店で修行を積んだ弟・良一さんが厨房に入っています

 

揚げ物の脂は、豚の背油を炒めて自家製で抽出、洋食の命と言われるデミグラスソースも2週間かけて作るという手間のかけぶり

「いつもどおりのものを作るだけ」という良太郎さんの言葉の中には、代々ひいきにしてくれたお客さんの期待を裏切れないという想いがあるように思います

 

ここに至るまでに、家族経営ならではの家族同士の衝突もあったようですが、本人たち曰く「職人と職人はぶつかるもの」だそうです

 

家族経営のレストランにはならではの温かさがありますね

 

Sakamoto brother run the restaurant with long history.It is succeeded from their grand father.Mr. Shouichi who has experience to work at a big business firm is charged of management and serving customers.And Mr.Ryoutarou who worked at famous hotel and accumulated his skill cooks dishes.

 

The oil used on frying is extracted from back fat of pork by himself. In addition to the oil,demi- glace sauce called as spirit of western style meal is taken for 2weeks.He is unwilling to do painstaking task for good meal.Ryoutarou says all what I can is to make dishes as usual.The word expresses the his attitude to make the guest from old days satisfied.

 

Up to date there are some conflict of opinion between them and their father,but they know that professional persons have the own pride,so they can not evade discussion.

 

The restaurant managed by family has specific warm atmosphere.  

 

www.mbs.jp

情熱大陸 石窯パン職人 奥土盛久

奥土さんは自然豊かな北海道で、家族でパン屋を経営する、石窯パン職人です。

使うものは酵母やライムギなどの材料も、石窯も含めてなにからなにまで手づくり

住んでいる家さえ手作りだそうです

 

朝は石窯への火入れから、三時間の火入れで300度程になるそうです。その高温の石窯にタネを入れるタイミングは、まさに経験と勘、温度計は使いません。そして、石窯の温度の変化と共に入れるタネを変えていきます。

 

自分自身で作り上げてきた、パン作り。決まり切ったことをやって何が面白いのかと笑う奥土さんの生き方は、生命力に溢れています

Mr.Okutsuchi is the bread maker using stone oven and manages his shop with family in Hokkaido rich in nature.The ingredients including yeast and rye are made by himself.To my surprise, the stone oven and his log house are self made.

 

His work in morning is put fire into stone oven.After it takes 300 hour,the temperature reaches at 300 ℃. The timing of start for baking depends on his experience and inspiration,because he does not use thermometer.With change of temperature of oven,he change the source put into oven.

He have created the way of baking bread.The life without challenges is not interesting,he says
His life and bread are filled with vitality.

 

www.mbs.jp

情熱大陸 山岳医 大城和恵

大城先生は富士山などの山岳診療所で診療する山岳医です。日本人で初の国際山岳医の資格を取った先生でもあります。有名な冒険家の三浦氏曰く「医者としても山岳医としても一流」だそうです

 

山岳診療所は一人体制の24時間対応。隙間時間に眠らないと体がもたないようですね。診療所を訪れる多くの方は高山病や低体温症だそうです

 

小さい頃から登山好きのお父様の影響で、登山が好きだった大城先生は、ヒマラヤ登山で高山病患者を救えなかった事をきっかけに本格的に山岳医療に力をいれたそうです.

 

できるだけ登れるようにしたいが、ダメなものはダメ

今死ぬ必要はない

 

と語る先生にドクターとしての矜持を感じました

Miss Ohshiro is a mount doctor in the general practice in the mount including Mt Fuji. She is also the first doctor getting qualification of international mountain doctor. The famous adventure , Mr Miura assess her skill of climbing and medical as the leading the world.

 

The general practices on mount open for 24 hours and have only one doctor. For maintaining body condition, the doctor have to sleep during vacant time. All most of the symptom of patient are mountain sickness or hypothermia.

Her father loved mountain.So his hobby affected her preference, that is she become the avid fun of mountain.The death of patient on the Himalayan made her tackle the mount medication.

She want climbers to complete the trip as possible as she can,but small negligent get rid of the life.

The attitude express her pride as doctor.

 

www.mbs.jp

 英語ブログ 情熱大陸 竹本宗一郎

今回視聴した番組は「情熱大陸:竹本 宗一郎」

 

竹本氏の職業は「ナイトカメラマン」ナイトカメラマンとは闇に特化したカメラマンで、漆黒の闇の中被写体を撮影するカメラマンのことです。例えば、星空や洞窟の中の生命体などが被写体だそうです

20年以上のキャリアを誇る竹本さんの評判は国際的に評価が高く、暗闇の魔術師と言われているとか

 

竹本さんのような映像を取るには、同じ機材を使えばいいというわけではなく、撮影後のノイズ除去などで確かな腕があるからこその作品なんだそうです

 

なぜ、ナイトカメラマンを?という問いに

暗闇の中で光が輝く世界を自分が見たいから

 

そう答える竹本さんは少年のようでした

 

Today, I introduce Mr.Takemoto. He is a night cameraman. The job specified the filming in dark.They takes picture and movie in the deep dark. For example they handle star sky and creature in a cave.

 

His internal reputation is great, he is called the magician of dark.

His high quality arts are sustained by his elegant skill of noise processing.

He talked that he want to watch the light in the dark faster than anyone against question about the reason he takes picture.When he answered the question, he looks a boy has pure heart.

 

www.mbs.jp

英検の面接対策として正しいかは分からないんですが

あと1ポイントの差で英検準一級の二次試験を落ちたbouzuです(* ̄∇ ̄)ノ

一次突破すると3回二次試験が受けれるとはいえ、次回の面接試験で決めたいのが人情というもの

 

対策ですが、

 

〇英会話レッスンを週2で

〇英語ブログを週1で

〇英字新聞を1日一面

〇daily news article(レアジョブ)に目を通す

 

とりあえず、しばらくアウトプットの方に比重を大きくして次回に備えるつもりです

 

大学院時代はラボの公用語が英語だったのでよかったんですが、意識的に使わないと英語のアウトプット力は落ちますからね。。。

 

あとは、今日の英会話レッスンはdaily articleだったんですが

その内容についてインターネット検索したり

 

話のネタを増やせるようにしたいですね

例えば、今日はコカ・コーラ社の新商品だったんですが

 

caffeine dependencyの話など調べながらやってみました

 

とりあえず、二次試験まであと3か月くらい
これで1か月やって様子を見ます

英語ブログ 情熱大陸 中西進

中西 進氏は国内に現存する最古の歌集である万葉集研究の第一人者です

日本の和暦「令和」の考案者であると言われていますが、本人は肯定も否定もしません

 

89歳にして、精力的に執筆活動を行う彼のスタイルは、PCもワープロも使わず、鉛筆で下書きをし、万年筆で清書するというスタイル

擦り切れた鉛筆を捨てずに持っておくというところに彼の人柄が現れています

 

一般の方に万葉集の講演をユニークな観点からおこなったり、万葉集のゆかりの地を訪れるのが彼のラーフワーク

万葉集のファンとの集いは40年以上続いているそうです

彼曰く、万葉集は他の歌集よりも生命力が溢れているとか

 

学問の象徴であるフクロウを好む彼は、いまだに何も分かっていないといいます

そこに、学問の第一人者となった所以があるように感じました

 

Mr.Nakanishi is the leading researcher of Manyousyu which is the oldest collection of Japanese poetry. He is called the deviser of New Japanese calender ‘Reiwa’,but he does not both agree and disagree.

In spite of his old age,he is writing books energetically without use of PC.He always makes a draft by pencil and fair copy by fountain pen.He stock peeling pens he used.That discloses his character.

 

His lifeworks are lecture of Manyoushu for general people from the unique viewpoints and going to the place related with Manyoushu.The gathering with avid fun of the collection is lasting for over 40 years.He says that Manyoushu is filled with power of life than following poetry collections.

 

He likes owl which is the symbol of study, and says he know nothing about his field.
The intellectual spirit is the origin of the leading scholar.    

 

www.mbs.jp